会長挨拶

地区ガバナースローガン
 『未来に繋ぐ 汗と笑顔で We Serve
       情熱の奉仕・増強・クラブ改革を』
会長テーマ
 『All Members 大きな力で We Serve
          …人と人との奉仕活動…』

                  第56代 会長 野瀬 泰良

 今期のクラブ認証55周年に臨み、記念する幾多のアクティビティー(奉仕活動)を経て、私たちメンバーは、自クラブの歴史の重みから滲み出るもの、言い替えれば、松原市にとってなくてはならない奉仕団体になったという責任の重さから来る「誇り」を、共通認識として持つべきであります。
 松原ライオンズは、今若いメンバーが、先輩たちの築かれた誇らしい実績の上に限界にまで挑戦すべく、全力を挙げて輝かしい奉仕活動を更に前進させています。
 献血奉仕にしかり、小学生による「国際平和ポスター」しかりでございます。
 ここで奉仕活動を成功させる要因は、ライオンズマンとしての「誇り」であり、「夢」であり、「情熱」であります。もうひとつ大きな要因は、メンバーの一体感、「絆」であります。歴代の会長は揃ってメンバー間の絆を深めることに気遣いと努力を払って来ました。
 私は自クラブの半世紀の歴史に基づく誇りと、メンバー間の絆を前面に掲げ、歴代の会長方針の共通項をしっかりと抱きしめて、これを貫きたいと思います。
 55年の歴史を経て、地域社会への奉仕活動を重ね、地域社会になくてはならない存在になって参りましたが、社会は、時代は、目まぐるしく移り変わりつつあるのも現実です。ですから私たちのクラブも、時代の流れに即応した弛まない変革が望まれるのであります。
 これからは男女がその個性を活かし、互いに尊敬しあい、力を合わせ、地域社会にこれまで以上のより良い奉仕活動を積み上げて行かなければなりません。


Copyright(c) 2011 Matsubara Lions Club. All Rights Reserved.