会長挨拶

地区ガバナースローガン
 『おもいを伝え 新しい扉をひらこう
           ~クラブは主人公~』
会長テーマ
 『改革・実行そして和』
                  第57代 会長 森田 政春

 松原ライオンズクラブ第57代会長に就任いたしました森田政春でございます。当クラブは昨年度55周年を迎え、諸先輩方が築き育まれてきた歴史と輝かしい功績に尊敬の念を抱き、今年度は新たな一歩を踏み出す1年となります。新たな活動の1つとして改革委員会を設立し内部と外部から見える改革を行います。改革委員会、理事会、各委員長の協力を得て全力を尽くす決意でございます。

 現在、世界規模で新型コロナウィルス感染症の拡大が続いており、社会的な活動をこれまでと同様に進めることが難しくなっております。そのような中でどのようにして奉仕活動を続けていくか、今回のコロナウィルス感染症に限らず、奉仕活動も社会・時代の変化とともに変わっていかなければならないと考えております。

 当クラブが長年継続している献血活動におきましても、新型コロナウィルス感染症の影響で献血協力者の深刻な減少が続き、医療機関への安定的な輸血用血液の供給が危ぶまれるという事態が生じました。このような状況を考慮し、メンバー、協力者への感染防止対策を徹底した上で、献血アクティビティを実施いたしました。

 また、今期はアラート事業の強化を掲げております。毎年のように各地で自然災害が発生し、多くの人命が失われています。今後も起こりうる災害への対策としまして、被災地支援のための募金活動を行います。また松原市に対し市内各障がい者施設への非常食の備蓄などを要望し、松原市・NPO 法人障がい者支援ねっとまつばら・松原ライオンズクラブの三者による「災害時における障がい者施設利用等に関する協定」を2020年8月25日に締結します。具体的な活動としまして、防災訓練への参加、炊き出し活動の予行演習などを行います。少しでも地域の皆様の安心につながる活動にしてまいりたいと考えております。

 これからも「奉仕ファースト」をモットーに全メンバーで考え実行する、ワンチーム松原ライオンズクラブとして地域社会を盛り上げて参ります。皆様1年間どうぞよろしくお願いいたします。


Copyright(c) 2011 Matsubara Lions Club. All Rights Reserved.